代表取締役 社長 正垣達雄 写真
お客様の収益を第一に、資産運用に係るすべてのサービスを誠実に提供します。
代表取締役 社長 正垣達雄

1971年8月15日、ニクソン米大統領が金とドルの交換停止を発表して以来、金価格は世界情勢を色濃く反映しながら、大きく変動してきました。1980年までの暴騰劇、その後約20年の低迷期を経て、2001年9月の米同時多発テロ以降は未曽有の大相場が出現しました 。

この10年に及ぶ金価格高騰は、米国一極支配から多極化、そしてリーダー不在時代への変遷がその背景にあります。基軸通貨としての特権ゆえ膨張し続けるドル、バブルの発生と崩壊の繰り返し、グローバル経済の発展に伴う金融危機の連鎖、国際秩序なき自国利益独占主義の蔓延など、いま私達が生きている世界はリスクに満ち溢れています。

当社は1982年の金先物上場以来、金を主軸に金地金・商品先物取引の啓蒙・普及に取り組んで参りました。その理由は、金がマネーとモノ(実物資産)という2面性を持ち、時代がどう変化しようとも、あらゆるリスクに対応できる類まれな資産だからです。この10年あまりで、金地金取扱高は100トンを突破し、約15,000名の方に当社のサービスをご利用頂きました。

2012年末の第二次安倍内閣発足以降、日本の資産運用の環境は激変しました。アベノミクスがもたらした「円安・インフレ・消費増税」への備えとして、必ずや当社の取扱商品がお客さまのリスク対策や資産形成のお役に立てるものと考えております。「利益機会と判断材料の提供を通じて、お客さまの収益を第一に考える」という精神のもと、身近で頼れるパートナーとして、お客さま一人ひとりに必要とされるサービスを追及して参ります。ぜひ、お近くの第一商品までお気軽にご相談ください。

ページトップ

金地金
金地金3つのメリット本日の金価格 金地金 購入・売却の手順
商品先物取引
初めての商品先物取引商品先物取引の始め方商品先物取引の税金
マーケット情報
海外商品相場国内商品相場ニュース・市況チャートアナリストの目
無料情報ツール
チャート分析ソフトDi-2モバイルサービスEメールサービス金価格メールテレホンサービスFAXサービス
商品セミナー
経済・商品セミナー講師陣プロフィール