沿革

1972年 11月 新設合併により第一商品株式会社設立本店大阪市
1976年 7月 商品取引広報センター「ピスク」を東京、大阪に開設
(商品取引の啓蒙と普及を目的に設置した業界初の広報センター)
1977年 7月 広報誌「月刊PISC」を創刊
1979年 7月 コンピューター情報提供「Diシステム」全店オンライン化
(業界に先駆け開発した顧客向け情報提供システム)
1980年 6月 本店を東京都に移転
1981年 5月 広報センター「ピスク」にて勉強会を開始
6月 金地金の販売開始
1982年 3月 東京金取引所(現東京商品取引所)の商品取引員の資格取得
(顧客のニーズに応じて、金中心の営業方針へ)
1985年 2月 金価格分析を制作
8月 三井物産「貴金属ロンドン渡し取引」の代理店業務開始
(貴金属の現物取引を強化)
1986年 6月 24時間体制の情報サービス「フューチャーズ・24」を開始
(顧客ニーズによる情報の国際化への対応)
1988年 6月 フューチャーズ・24でFAX個別サービス開始
1989年 1月 委託者向け情報検索サービス開始
5月 世界最大の金先物市場ニューヨーク商品取引所(COMEX)の会員権取得
1991年 3月 日本橋支店移転
(サービスの強化をはかる営業拠点の店頭整備計画開始)
4月 (社)日本商品取引員協会加入
(現・日本商品先物取引協会)
5月 日本商品ファンド業協会加入
1992年 3月 名古屋支店移転
10月 商品ファンド販売業者として「運用法人」の資格取得
(商品ファンドの新事業を本格的に開始)
1993年 8月 和歌山支店移転
1994年 3月 情報センター移転
(機械化の推進と機能集約による情報サービスの強化をはかる)
6月 大興投資顧問株式会社設立(5社共同)
11月 大興投資顧問、投資顧問業として通産、農水省より許可
1995年 2月 大阪支店移転
8月 千葉支店移転
1996年 3月 当社株式を店頭市場(現東京証券取引所ジャスダック市場)に上場(証券コード8746)
新システムDi-2提供開始
6月 パソコン通信によるDi-2の提供を開始
1997年 4月 月刊・「フューチャーズ日本版」発刊
6月 大蔵省より金融先物取引業の許可取得
7月 (社)金融先物取引業協会加入
8月 東京金融先物取引所へ会員加入
1998年 4月 夜11時までの店頭営業(イレブンサービス)を開始
1999年 4月 (社)日本商品取引員協会が日本商品先物取引協会と日本商品先物振興協会に分割
2000年 3月 携帯電話「i-modeサービス」開始
7月 外国為替証拠金取引「チャレンジャー」の営業開始
2002年 4月 あしたば商品株式会社と合併
7月 外国為替証拠金取引「チャレンジャー」・24時間取引体制へ
2005年 10月 外国為替証拠金取引「チャレンジャー」インターネット取引開始
2007年 7月 外国為替事業本部設置
8月 業務拡張のため本社移転
9月 金融商品取引業者として登録
2008年 12月 テレビ東京・テレビ大阪にてTVCM開始
2009年 3月 テレビ愛知にてTVCM開始
4月 TVQ九州放送・福岡放送にてTVCM開始
7月 読売テレビにてTVCM開始
10月 中京テレビにてTVCM開始
2010年 1月 広島テレビにてTVCM開始
2月 日本テレビにてTVCM開始
6月 投資相談本部を設置(資産運用ニーズの多様化に対応)
8月 宮城テレビにてTVCM開始
10月 テレビ東京「モーニングサテライト」番組提供開始(全国6局ネット)
2011年 10月 テレビ東京系列局(全国6局ネット及びBSジャパン)にて特別番組提供(全3回)
11月 InterFMにて特別番組提供(全3回)
2012年 4月 テレビ東京系列局(全国6局ネット及びBSジャパン)にて「マネーの羅針盤」番組提供開始
横浜支店・仙台支店・福岡支店移転
金地金の真贋鑑定サービスを開始
10月 書籍「金市場とともに30年 No.1! 第一商品の戦略 」を発行
11月 設立40周年
2013年 4月 穀物事業部を設置
6月 金地金売買100トン達成(2002年4月からの累計)
2014年 6月

本店第三・一部、本店第三・二部、大阪第三支店、福岡第二支店を設置

2015年 3月 日本橋FX事業部新設
6月 渋谷支店新設

ページトップ

金地金
金地金3つのメリット本日の金価格 金地金 購入・売却の手順
商品先物取引
初めての商品先物取引商品先物取引の始め方商品先物取引の税金
マーケット情報
海外商品相場国内商品相場ニュース・市況チャートアナリストの目
無料情報ツール
チャート分析ソフトDi-2モバイルサービスEメールサービス金価格メールテレホンサービスFAXサービス
商品セミナー
経済・商品セミナー講師陣プロフィール