差金決済による取引例

差金決済にて取引を終了すると一回の取引毎に利益・損失が発生します。では、今後金価格が上昇すると予測を立てた人が、商品先物取引で金を買った場合、利益になるケースと損失になるケースそれぞれみてみましょう。

金を買って利益が発生した取引例

  • 今後金価格が上昇すると予想し、金を1キログラム買う。買った時の金価格は1グラム当たり4,000円。
  • その後金価格は上昇、グラム当たり4,200円に。
  • 金価格が4,200円になったところで買っていた金を売り、差金決済にて取引を終了する。
    • 取引結果

      (4,200円(売値)−4,000円(買値))=200円(1グラム当りの利益)×1,000(1kgに換算)=200,000円の利益

      ※ 手数料は計算にいれておりません。

金を買って損失が発生した取引例

  • 今後金価格が上昇すると予想し、金を1キログラム買う。買った時の金価格は1グラム当たり4,000円。
  • しかし予想に反し金価格はその後下落、1グラム当たり3,800円に。
  • 金価格が3,800円になったところで買っていた金を売り、差金決済にて取引を終了する。
    • 取引結果

      (4,200円(売値)−4,000円(買値))=-200円(1グラム当りの損失)×1,000(1kgに換算)=200,000円の損失

      ※ 手数料は計算にいれておりません。

はじめての商品先物取引 目次

ページトップ

金地金
金地金3つのメリット本日の金価格 金地金 購入・売却の手順
商品先物取引
初めての商品先物取引商品先物取引の始め方商品先物取引の税金
マーケット情報
海外商品相場国内商品相場ニュース・市況チャートアナリストの目
無料情報ツール
チャート分析ソフトDi-2モバイルサービスEメールサービス金価格メールテレホンサービスFAXサービス
商品セミナー
経済・商品セミナー講師陣プロフィール