「売り」をマスターする

「売り」ができればチャンスは倍増

商品先物取引は「売り」から取引を開始することができます。持っていないモノを売るという行為は一見分かりづらいかもしれませんが、この「売り」は非常に有効な手法で、相場の下げ局面も利益チャンスにすることができます。

株や金地金などの現物取引は、買って値上がりを待って利益を得る取引ですので、これから相場が下がりそうな局面ではじっと静観するしかありません。しかし商品先物取引には「売り」から始めることができるので、そのような局面でも利益を得ることが可能です。

また取引の流れ自体は「買い」から始める場合とほとんど同じですので、「買い」からの取引を理解している方ならまったく難しくはありません。証拠金や手数料も「買い」からの取引の場合と同額です。

モノがないのになぜ売れる?

商品先物取引は、決められた期限までは商品の受け渡しは行いません。そして受け渡し期限の前に差金決済にて取引を終了することができる取引です。

そのため最初から差金決済するつもりなら、受け渡しのことを考える必要はありません。つまり「買い戻すこと前提」なら「持っていない商品を売る」ことが可能になるのです。逆にいえば、売りから取引を始める場合は差金決済することが大原則になります。

売ってから買い戻すか、買ってから転売するか、差金決済は売り・買いワンセットの取引と考えればよく、売り・買いの順番はどちらが先でもよいのです。

はじめての商品先物取引 目次

ページトップ

金地金
金地金3つのメリット本日の金価格 金地金 購入・売却の手順
商品先物取引
初めての商品先物取引商品先物取引の始め方商品先物取引の税金
マーケット情報
海外商品相場国内商品相場ニュース・市況チャートアナリストの目
無料情報ツール
チャート分析ソフトDi-2モバイルサービスEメールサービス金価格メールテレホンサービスFAXサービス
商品セミナー
経済・商品セミナー講師陣プロフィール