金相場はこの10年間で大暴騰


金相場はこの10年間で大暴騰

2001年に金価格は長期の下降トレンドから大転換したが、皮肉なことに世界の年間金生産量は価格上昇について行けず、2001年をピークに2008年まで減産傾向となった。1990年代、金価格が下がり続けたことによって経営が悪化したためである。

しかし2009年から増産トレンドに入った。2009年は約180トン、2010年は約130トン、2011年も約100トンの増産に。世界的な金融危機によって資金繰りが悪化し、新規鉱山開発の融資が滞るなど苦しい局面もあったが、金の必要性が世界中で高まったために運転資金の心配も徐々に解消され、操業環境は良好である。

なおこの増産傾向だが、今のところ、金価格への影響はまったくないようだ。金価格は下がるどころか史上最高値を記録している。背景にあるのは投資需要で、世界的な金融不安によるペーパー資産への不安から機関投資家を中心に資産の一部を金に振り向ける動きが強まり、2009年には前年比1,000トンの増加を記録した。

また、世界的な金融緩和によって実質金利がマイナスとなっていることで、通貨価値の目減りとインフレ対策から金地金を保有する動きが強まっており、2011年には価格上昇にもかかわらず過去10年で最高水準を記録している。

20年以上に渡り「金利を生まない」との理由から保有金を売り続けてきた各国中央銀行でさえ2010年以降は買い方に回っており、世界はまさに「金争奪戦」の様相を呈している。

東京金とNY金(月末推移)

次ページ : 金が買われている7つの理由

今日の金価格を見る

ページトップ

実物資産・金
金地金3つのメリット本日の金価格 金地金 ご購入の手順金地金 ご売却の手順
レバレッジ金融商品
初めての商品先物取引商品先物取引の始め方商品先物取引の税金
マーケット情報
海外商品相場国内商品相場ニュース・市況チャートアナリストの目
無料情報ツール
チャート分析ソフトDi-2モバイルサービスEメールサービス金価格メールテレホンサービスFAXサービス
商品セミナー
経済・商品セミナー講師陣プロフィール