金が買われてきた理由

金相場は2000〜10年で大暴騰

金相場はこの10年間で大暴騰

2001年に金価格は長期の下降トレンドから大転換したが、皮肉なことに世界の年間金生産量は価格上昇について行けず、2001年をピークに2008年まで減産傾向となった。1990年代、金価格が下がり続けたことによって経営が悪化したためである。

しかし2009年から増産トレンドに入った。2009年は約180トン、2010年は約130トン、2011年も約100トンの増産に。世界的な金融危機によって資金繰りが悪化し、新規鉱山開発の融資が滞るなど苦しい局面もあったが、金の必要性が世界中で高まったために運転資金の心配も徐々に解消され、操業環境は良好である。

なおこの増産傾向だが、今のところ、金価格への影響はまったくないようだ。金価格は下がるどころか史上最高値を記録している。背景にあるのは投資需要で、世界的な金融不安によるペーパー資産への不安から機関投資家を中心に資産の一部を金に振り向ける動きが強まり、2009年には前年比1,000トンの増加を記録した。

また、世界的な金融緩和によって実質金利がマイナスとなっていることで、通貨価値の目減りとインフレ対策から金地金を保有する動きが強まっており、2011年には価格上昇にもかかわらず過去10年で最高水準を記録している。

20年以上に渡り「金利を生まない」との理由から保有金を売り続けてきた各国中央銀行でさえ2010年以降は買い方に回っており、世界はまさに「金争奪戦」の様相を呈している。

東京金とNY金(月末推移)

金が暴騰したの7つの理由

2001年9月11日の米国同時多発テロ発生以降、米国中心の信用経済への不安が高まる中、信用リスクのない「実物資産・金」への注目が加速、ドル建て金価格はこの10年間で安値から5倍以上に、円建て金価格も4倍以上に暴騰した。その理由は以下の7つである。

  1. ① ドル一極支配の終焉

    サブプライムローン(信用度の低い人向けローン)問題をきっかけとした米国発の世界的な金融危機発生でドル不信が拡大(ドルの大幅下落)、行き場を失った投資マネーはドルを初めとする通貨から、安全資産「金」へシフトし始めた。

  2. ② インフレの脅威

    原油のみならず、穀物や非鉄金属などの資源価格が上昇し、インフレの脅威が身近になってきた。ペーパー資産の株や債券、ひいては通貨でさえも資産を守ることが困難な時代になり、インフレヘッジの機能を持つ金が脚光を浴び始めた。

  3. ③ 金市場の構造変化

    金地金を証券化した金ETFの登場によって、年金基金を初めとする機関投資家の金投資が容易になった。金融不安を背景に、金ETFはポートフォリオの一角を占めるようになった。

  4. ④ 公的機関、売却から購入に転換

    90年代には金利が付かず、価格も低迷していたため資産ポートフォリオの観点から各国中央銀行は保有金の売却を進めてきたが、99年9月に売却量を制限するワシントン合意がなされた後売却量が減少、さらに近年は金融危機の影響もあり、新興国中心に購入する国が増えている。

  5. ⑤ 軍事的「有事の金」

    戦争や大インフレ時に価格上昇してきたが、冷戦終結後にはその役割もなくなったと見られていた。ところが、2001年9月の米同時テロ発生により金価格は大きく反応したことで、「有事の金」は現在でも生きていることが証明された。

  6. ⑥ 経済的「有事の金」

    2007年〜2010年に起こった、サブプライムローン問題、リーマン・ドバイ・ギリシャの一連の金融・経済危機がドルやユーロの価値を大きく低下させ、信用リスクのない「無国籍通貨」である金が安全資産として買われている。主要通貨建て金価格が過去最高値を更新していることが、その証明である。

  7. ⑦ 新興国の経済成長と中国の金需要

    新興国では経済成長とともに金の需要が増えている。特に2ケタ成長が続く中国では、2008年から金の投資需要が急増し、今後とも拡大すると見られている。

金が買われている7つの理由-各資産のパフォーマンス比較

「金地金」人気コンテンツ

ページトップ

実物資産・金
金地金3つのメリット本日の金価格 金地金 ご購入の手順金地金 ご売却の手順
レバレッジ金融商品
初めての商品先物取引商品先物取引の始め方商品先物取引の税金
マーケット情報
海外商品相場国内商品相場ニュース・市況チャートアナリストの目
無料情報ツール
チャート分析ソフトDi-2モバイルサービスEメールサービス金価格メールテレホンサービスFAXサービス
商品セミナー
経済・商品セミナー講師陣プロフィール