ニュース・市況

ニューヨーク貴金属市況=金は反発、低調な米指標を受けて買い先行

2017/07/15 6:00:00

 週末14日のニューヨーク貴金属市場は、軒並み反発。
 NY金は反発。本日発表された6月の小売売上高や消費者物価指数といった主要な米経済指標が予想を下回る低調な数字。その他の米指標も総じて冴えない内容だったことから、ドルが対ユーロで軟化。これによりドル建て金の割安感が生じたことから買い先行の流れとなり、一時は約2週間ぶりの高値圏となる1230ドル台まで上昇した。市場関係者は「小売売上とインフレの低迷は米国の需要減速を示唆しており、今回の統計を受けて年内の米追加利上げが怪しくなるとの見方が急速に広がったため、金利の付かない金は買われやすくなった面もあったようだ」と指摘した。


※ 当社提供の情報について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終判断はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、第一商品は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

※ 本サイトに掲載されている情報の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップ

金地金
金地金3つのメリット本日の金価格 金地金 購入・売却の手順
商品先物取引
初めての商品先物取引商品先物取引の始め方商品先物取引の税金
マーケット情報
海外商品相場国内商品相場ニュース・市況チャートアナリストの目
無料情報ツール
チャート分析ソフトDi-2モバイルサービスEメールサービス金価格メールテレホンサービスFAXサービス
商品セミナー
経済・商品セミナー講師陣プロフィール