ニュース・市況

東京貴金属見通し=地合いを引き締めた金

2017/08/10 17:00:07

<金>
 今週の東京金先限は下落して始まった後、地政学リスクへの警戒感から反転し水準を切り上げる展開となった。
 来週は、今週高まった北朝鮮情勢による地政学リスク次第か。世界的な株安と有事の金買いの流れは、一時的で過剰反応との声は少なくない。10日国内金先限の45円高は、冷静な見方をすればそうであろう。3連休前の買い戻しが一時的に膨らんだだけなのかもしれない。しかし、緊迫度が増す可能性は大いにあり、リスクを残したまま21日の米韓合同軍事演習や9月6日に北朝鮮建国記念日などの日程を迎えることになる。本格的な上昇トレンドに乗れるのか、重要な一週間になりそう。
 来週の先限予想レンジは4450円〜4600円。

<白金>
 今週の東京白金は堅調。テクニカル主導の買いに値を伸ばし、9日には高値3459円をつけ、200日移動平均線を上回り、4月10日(高値3461円)以来、4カ月ぶりの高値圏に浮上した。また、NY白金は9日高値985ドルをつけ、6月9日高値993ドルを覗う動きとなった。低調な米国のインフレ関連指標が続く中、米連邦準備制度理事会(FRB)の年内利上げ観測が後退し、対主要国通貨でのドル安が進行したことで、ドル建てNY白金が割安感からの買いに値を伸ばす要因となった。
 また、南アフリカの白金大手ロンミンが7日、資金調達に向け、余剰な白金精製設備を含む一部の資産売却とコスト削減策を発表。南ア経済の低迷と、白金産業へのインフレ圧力で打撃を受けたと指摘しており、白金の鉱山生産高の減少見通しが強まったことも支援材料視され、目先は堅調推移が見込まれる。
 来週の予想レンジは先限ベースで3350円〜3500円。

※ 当社提供の情報について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終判断はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、第一商品は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

※ 本サイトに掲載されている情報の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップ

金地金
金地金3つのメリット本日の金価格 金地金 購入・売却の手順
商品先物取引
初めての商品先物取引商品先物取引の始め方商品先物取引の税金
マーケット情報
海外商品相場国内商品相場ニュース・市況チャートアナリストの目
無料情報ツール
チャート分析ソフトDi-2モバイルサービスEメールサービス金価格メールテレホンサービスFAXサービス
商品セミナー
経済・商品セミナー講師陣プロフィール