山内 治/アナリストの目

堅調地合いを維持する東京金:2017/09/08 17:03:13

 今週の東京金先限は上値を切り上げて始まった後、調整色を強めたものの概ね堅調地合いを維持して越週した。
 来週は9日の北朝鮮の建国記念日後の動きや、11日の国連安全保障理事会での北朝鮮制裁決議の採択がリスク買い要因になり、上値を窺う取引となりそう。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が来月の理事会で量的緩和策の縮小に関して大枠を決定するとの意向を示したことによるユーロ高・ドル安の流れは、NY金の地合いをより強固にしている。国内金は円高を嫌気した売りをこなしながら、切っ掛け待ちの状況下で買い方有利の一週間になると読む。

 (注)上記の展望は9月8日夕方時点に作成されたものです。

●アナリスト紹介
 第一商品(株)フューチャーズ24、山内 治
 現在、フューチャーズ24にて、FAX・メール情報に掲載する市況作成等を担当。国際情勢を軸にした、長期的な商品分析を得意とする。

◆ 当コラムに関するご意見・ご要望がございましたら、下記にご記入の上【送信】ボタンを押してください。


※ 当社提供の情報について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終判断はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、第一商品は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

ページトップ

金地金
金地金3つのメリット本日の金価格 金地金 購入・売却の手順
商品先物取引
初めての商品先物取引商品先物取引の始め方商品先物取引の税金
マーケット情報
海外商品相場国内商品相場ニュース・市況チャートアナリストの目
無料情報ツール
チャート分析ソフトDi-2モバイルサービスEメールサービス金価格メールテレホンサービスFAXサービス
商品セミナー
経済・商品セミナー講師陣プロフィール