フューチャーズ・24マーケット情報 [ 朝刊版 ]
日本時間 2013年3月22日(金) 午前6時30分配信
(NY時間 2013年3月21日(木) 午後5時30分配信)
F24Logo お問い合わせ先
03−3462−8056
F24title

◇NY貴金属相場(夜間取引を含んだ価格を提供)

限 月 始 値 高 値 安 値 終 値 前日比 RSI
NY金 4月限 1605.70 1616.50 1603.60 1613.80 △ 6.30 54.77
NY銀 5月限 2880.00 2932.50 2870.50 2921.20 △ 39.50 48.55
NY白金 4月限 1580.40 1587.90 1575.90 1580.10 ▼ 2.40 41.99
NYパラジウム 6月限 758.65 768.00 752.20 756.85 ▼ 1.35 51.59
*上記の価格は指標限月を提供。なお、夜間取引終了後に高値・安値が修正される場合があります。*RSI(相対力指数)は14日RSI

◆ニューヨーク貴金属市況=金は安全資産としての買いに支えられる格好
 21日のニューヨーク貴金属市場は、まちまち。
 金は反発。欧州中央銀行(ECB)がキプロスに対し、ユーロ圏の支援合意がなければ来週明け25日に資金供給を停止すると通告したことを受け、キプロスの金融システムが破綻するとの懸念が高まり安全資産としての金買いが先行する展開となった。ただ、対ユーロでのドル高傾向や原油安などに圧迫された面もあり、上値は重くなった。白金は小幅反落。キプロス情勢の不透明感が依然相場を圧迫。ただ、他に目立った手掛かり材料が見当たらないためか、値動きは小幅なものにとどまった。

◇為替・株式相場

始値 高値 安値 現在値 前日比 東京終値比
円相場 95.96 94.53 96.07 94.85 △ 1.11 △ 0.87
ユーロ・米ドル 1.2928 1.2951 1.2875 1.2890 ▼ 0.0037 ▼ 0.0052
NYダウ 14511.73 14511.73 14383.02 14421.49 ▼ 90.24 ---
ナスダック 3228.17 3237.57 3215.69 3222.60 ▼ 31.59 ---
*為替は24時間ベースでの4本値。*東京終値比は15:30現在との比較。

◆外為市況=円は反発、一時94円台半ば
 黒田日銀新総裁の就任会見で「2%の物価目標の早期実現」に向けた意欲を強調したものの、注目された臨時会合開催に踏み込まなかった。市場では「予想の範囲内」と受け止められ、材料出尽くし感が台頭する格好となり、円を買い戻す動きが優勢の展開。1ドル=95円台前半まで円高が進んだ。NY取引時間帯に入った後は、米経済統計が強弱まちまちとなったことに加え、キプロス情勢の不透明感から積極的な商いを手控える向きが目立つなか、同国のポピュラー銀行が破綻に追い込まれるとの可能性が浮上したため、リスク回避の円買いの動きが強まり一時94円台半ばまで円が強含んだ。ただ、キプロス中銀が国内銀行の破綻を回避し10万ユーロまでの預金を保護する措置を発表したことや、ユーロ圏財務相(ユーログループ)が「キプロスと新たな提案で協議する用意がある」との声明を発表したため、やや水準を戻す展開となった。

◇貴金属現物市場(ロコ・ロンドン/チューリヒ)

現在値 *円換算 東京15:30 *東京円換算 *東京終値比
1615.66 4927 1609.78 4954 ▼ 27
2924.00 89.2 2890.00 88.9 △ 0.3
白金 1584.75 4833 1587.50 4885 ▼ 52
パラジウム 758.50 2313 764.50 2353 ▼ 40
*日本時間4時30分現在の売り気配値を表示。 *金・銀はロコロンドン現物価格、白金・パラジウムはロコチューリッヒ現物価格。
*円換算はプレミアムを考慮せず。*東京15:30の円換算は、東京同15:30の円相場で換算。
*東京終値比は現物相場と東京同15:30との円建て比較。

◆本日の東京市場ポイント=金・白金ともに反落か
 金は、現物相場が21日東京15時半時点より堅調に推移したが、為替が同時点より円高に大きく振れたことに上げ幅を打ち消され、東京市場では反落での寄り付きになると思われる。白金は、現物相場の軟化と為替の大幅な円高を背景に、東京市場では金同様に反落での寄り付きが予想される。

◇東京商品取引所相場(夜間立会、限月は先限、単位=円)

限月 始値 高値 安値 現在値 前日比 出来高
東京金 02月限 4976 4977 4931 4945 ▼ 24 21412
東京銀 02月限 88.9 89.8 88.5 88.8 △ 0.1 127
東京白金 02月限 4945 4945 4870 4883 ▼ 45 5474
東京パラジウム 02月限 2368 2372 2315 2319 ▼ 46 261
東京原油 08月限 62200 62220 60730 60900 ▼ 1160 1345
*始値は夜間立会開始時刻17:00の価格。*前日比は15:30との比較。


◇海外商品相場(NY原油・石油製品、シカゴ穀物は夜間取引を含んだ価格を提供)

限 月 始 値 高 値 安 値 終 値 前日比 RSI
NY原油 5月限 93.40 93.53 91.84 92.45 ▼ 1.05 43.89
北海原油 5月限 108.48 108.75 107.08 107.47 ▼ 1.25 ---
シカゴ大豆 5月限 1420.50 1451.50 1419.50 1449.00 △ 29.25 50.61
シカゴ・コーン 5月限 731.25 734.50 726.50 733.00 △ 0.50 62.72
シカゴ小麦 5月限 736.00 736.50 726.50 728.75 ▼ 7.25 52.85
ロンドン銅 3ヵ月物 7626.00 7645.00 7580.00 7580.00 ▼ 40.00 ---
ドバイ原油 5月渡し 105.32 105.55 103.92 104.26 ▼ 1.30 ---
*上記の価格は指標限月を提供。なお、NY原油は夜間取引終了後に高値・安値が修正される場合があります。
*北海原油・ドバイ原油の終値は配信後に変更される場合があります。*RSI(相対力指数)は14日RSI

◆海外商品市況=原油はキプロス情勢の不透明感を背景に反落
 21日のニューヨーク原油は反落。米連邦公開市場委員会(FOMC)で金融緩和策の現状維持が決定され、これを好感する向きからの買いが先行した前日の流れは一服。また、対ユーロでのドル高や米株価の軟調推移に圧迫されたほか、キプロス支援をめぐる先行き不透明感も引き続き弱材料視され、水準を切り下げる展開となった。
 シカゴ大豆は上伸。本日発表された週間輸出成約高は34万1800トンで前週の78万3700トンから減少。市場予想(60万〜80万トン)も下回った。しかし、港の混雑や流通の混乱によるブラジルの輸出停滞観測から、米国産大豆の買付け期待が強まり、ファンド筋の買い物が先行した。コーンは確り。序盤は、輸出成約が27万5500トンにとどまり、前週の65万3300トンや市場予想(30万〜60万トン)を下回った事に圧迫された。しかし、大豆相場の上伸を眺めた買いに支えられ、取引終盤には小幅ながらプラス圏に浮上した。

◇海外商品市場 前日確定出来高・取組高(全限月)

出来高 前日比 取組高 前日比
NY金
NY銀
NY白金
NYパラジウム
166498
28862
24895
7441
-40889
-7203
-7657
-1751
435050
151593
63574
37624
-5662
+72
-1096
-47

出来高 前日比 取組高 前日比
NY原油
シカゴ大豆
シカゴ・コーン
450878
131325
246039
-229320
-44011
+7059
1638002
581291
1304247
-9389
-1192
+13514

◆経済統計
○3月21日の発表 発表値 事前予想 前回発表
(*は修正値)
 * 米週間新規失業保険申請件数 33.6万件 34.2万件 *33.4万件
 * 2月の米中古住宅販売件数 498万戸 500万戸 *494万戸
 * 3月のフィラデルフィア連銀・製造業景況指数 2.0 -2.0 -12.5
 * 2月の米景気先行指数 +0.5% +0.4% *+0.5%
 * 3月のユーロ圏総合PMI(購買担当者景況指数)・速報値 46.5 48.2 47.9
 * 3月の米製造業PMI(購買担当者景況指数)・速報値 54.9 55.0 54.3
○3月22日の予定   事前予想 前回発表
 * 3月のドイツIFO景況感指数 107.6 107.4

◆お知らせ
 前日送信のNY原油の高値が訂正されました。訂正値は以下の通りです。
 NY原油      (訂正前)93.28  → (訂正後)93.30
 また、本日よりNY貴金属・NY原油・シカゴ穀物の14日RSI(相対力指数)の提供を再開いたします。

★提供時間と内容変更のお知らせ
 F24マーケット情報「早朝版」は3月18日(月)より、「朝刊版」と名称を変更し、送信時間を午前6時30分とさせていただきます。紙面構成等は変更されますが、今後も海外市場の終値等の情報は従来通りの提供となります。ご利用のお客さまには、ご迷惑をお掛け致しますが、今後とも情報サービスのご利用をよろしくお願い申し上げます。
※本資料は、信頼できると思われる各種データに基づいて作成されていますが、当社はその正確性・信頼性を保証するものではありません。また、本資料は情報提供を目的としており、相場見通し等の確実性を保証するものではありません。 ※商品先物取引は元本及び利益が保証されるものでなく、取引額が当社必要証拠金に比べて最高でおよそ40倍と大きいため、損失の額がお預り証拠金の額を上回るリスクもあります。又、相場変動や日数の経過によって追加預託が必要になる場合もあります。お取引を始める前に契約締結前交付書面をよくお読みになり、取引内容を十分ご理解の上、ご自身の判断と責任によりお取引下さい。※当社必要証拠金の額は1枚当たり最高で300,000円、手数料は1枚当たり最高で24,150円(税込)となりますが、相場の変動によって変更される場合もあります。詳しくはその都度お問い合わせ下さい。(平成25年3月1日現在)
※当社の企業情報は本・支店及びHP、並びに日本商品先物取引協会のHPでご覧になれます。 ※当社お客様相談窓口 0120-770-266 日本商品先物取引協会相談センター03-3664-6243。
尚、このFAXに記載された記事を第一商品(株)の承諾なしに転載することを禁じます。 ※当資料記載の情報内容およびお取引に関するお問い合わせは、お取引店(担当者)またはフューチャーズ・24(03-3462-8056)までご一報ください。【日・祝・土曜を除く毎日24時間体制でお応えしております】 ※商品先物取引業者 日本商品先物取引協会会員 第一商品株式会社