金取引のことならお問い合わせは 0120-431-561
資料請求はこちら

リスクを小さくすることは可能ですか?

資金配分によってリスクを抑えることができます。

先物取引はハイリスク・ハイリターンというイメージが強いですが、決してそれだけの取引ではありません。目標に応じてリターンとリスクを自由にコントロールできるという柔軟性に富んだ取引です。

下図は、500万円の資金で取引量を変えた場合の運用例です。(金価格が1グラム当り5,000円、必要証拠金が1kg当り10万円の場合)

Dさんがかなりハイリスク・ハイリターンな取引をしているのに対し、Aさんは現物取引と同じ位までリスク・リターンを抑えています。

このように、資金配分を調整することによってリスクをコントロールすることが可能です。投資家各々のリスク許容度に応じた取引が選択できるということも、商品先物取引のメリットです。


 

<< 一覧へ戻る

ページトップ