現受け 商品先物用語集

現受け

商品先物取引には2つの決済方法があります。一つは期日までに反対売買で売値と買値の差額を清算する「差金決済」、もう一つは当初の契約通り期日に現物と代金の受け渡しを行う「受け渡し決済」です。「受け渡し決済」のうち、先物の買い方が代金を支払って期日に現物を受け取ることを「現受け」と言います。

「現受け」を利用する実需家にとって、公設の商品先物市場は安全確実な現物調達市場という側面を持っています。調達予定物品の品質・銘柄(供用品)・受け渡しの履行を取引所が保証してくれるため、現物市場で調達ルートを持たない業者でも、一定の品質のモノをまとまった量で確保することができます。

また、貴金属の先物取引では個人投資家でも「現受け」を行うことがあります。例えば、当初は短期の差金決済目的で取引したものの、期日までに利益が確保できないため、「現受け」して長期保有に切り替えるといった具合です。逆に大きな利益が出ている場合でも、先高期待から「現受け」し実現利益を先延ばしすることもできます。

商品先物取引というと、投機性が高いというイメージが強いかもしれせんが、実は現物取引と密接にリンクしています。実需家の利用から個人の資産運用まで、あらゆる場面で利用されている“れっきとした経済行為”、それが商品先物取引なのです。

関連ワード : 差金決済

商品先物取引用語集トップへ

金地金
金地金3つのメリット本日の金価格 金地金 購入・売却の手順
商品先物取引
初めての商品先物取引商品先物取引の始め方商品先物取引の税金
マーケット情報
海外商品相場国内商品相場ニュース・市況チャートアナリストの目
無料情報ツール
チャート分析ソフトDi-2モバイルサービスEメールサービス金価格メールFAXサービス
セミナー
開催スケジュール