差金決済 商品先物用語集

差金決済

一般的な商取引では、買い手の場合、代金を支払う代わりにモノまたはサービスを受け取り、売り手の場合、モノ・サービスを提供する代わりに代金を受け取って取引が終了します。

商品先物取引では、これらに加え、売値と買値の差額だけを受け払いすることで取引を終了できる方法があります。これが差金決済です。投資対象となるモノの価格が下がりそうな場合には売り注文、上がりそうな場合には買い注文を出すことで収益チャンスを狙えます。

取引の流れ

取引開始価格動向取引終了損益結果
価格下落
を予想
売り注文上昇買い注文
(買戻し)
損失
下落利益
価格上昇
を予想
買い注文上昇売り注文
(転売)
利益
下落損失

売り注文で開始した取引を終了するときには反対の注文(買い注文)を出します。この時、価格が下がっていたら利益、上がっていたら損失となります。

一方、買い注文で開始した取引を終了する時には反対の注文(売り注文)を出します。価格が上がっていれば利益、下がっていれば損失となります。

関連ワード : 受け渡し現受け

商品先物取引用語集トップへ

金地金
金地金3つのメリット本日の金価格 金地金 購入・売却の手順
商品先物取引
初めての商品先物取引商品先物取引の始め方商品先物取引の税金
マーケット情報
海外商品相場国内商品相場ニュース・市況チャートアナリストの目
無料情報ツール
チャート分析ソフトDi-2モバイルサービスEメールサービス金価格メールFAXサービス
セミナー
開催スケジュール