ガソリンの変動要因

ガソリン

ガソリンは自動車の燃料など産業用需要を中心に利用されています。原油から精製されるため、原油価格の動向に大きく左右されます。海外では米国のNYMEXで取引されています。

【需要と供給】

需要: 自動車燃料として消費されることが多いため、自動車の販売台数や、レジャーシーズンの天候、また、景気動向に左右されます。
供給: 日本ではガソリンの多くが輸入原油を精製して作られているため、原油価格の動向や輸入量が供給要因として大きく影響します。また、近年では海外からのガソリンの輸入も行われています。

【値動き変動要因】

天候要因: レジャーシーズンの天候が良いと、行楽需要でガソリンの需要が伸びる傾向があります。夏期休暇シーズン頃が需要の最盛期になります。
原油価格: ガソリンの原料である原油価格の動向がガソリン価格に大きく影響します。原油価格はOPEC(石油輸出国機構)等産油国の生産動向や、国際紛争、景気動向に左右されます。
国内需給: 国内での製油工場による生産調整・在庫水準が、国内ガソリン価格に影響します。これらは主に元売りの販売姿勢に左右されます。
政策的要因: 石油製品はこれまで様々な法規制によって価格・流通面での規制が敷かれていましたが、日本の規制緩和政策などにより、価格が変動することも考えられます。
他の石油製品との連動性: 原油から作られるのはガソリンだけでなく、灯油やナフサなども精製されています。それらの製品との製造比率の変動により、ガソリンの供給量が変動し、価格に影響します。
為替の動向: 国内で消費されるガソリンの原料である原油のほとんどを輸入に頼っている日本では、為替相場の動きも大きく影響します。
技術革新: 低燃費車の普及率は、今後のガソリン消費量に影響を与える可能性があります。

上場商品リスト

ページトップ

金地金
金地金3つのメリット本日の金価格 金地金 購入・売却の手順
商品先物取引
初めての商品先物取引商品先物取引の始め方商品先物取引の税金
マーケット情報
海外商品相場国内商品相場ニュース・市況チャートアナリストの目
無料情報ツール
チャート分析ソフトDi-2モバイルサービスEメールサービス金価格メールFAXサービス
セミナー
開催スケジュール