小豆の変動要因

小豆

「商品相場といえば小豆」と言われるほど、かつては小豆は商品取引の代表銘柄でした。小豆は日本の取引所でしか取引されていないので、海外相場の動向や為替の動きというものに無縁な銘柄です。

【需要と供給】

需要: 小豆は90%以上が製餡に消費されており、残り10%が煮豆・菓子用に消費されています。
供給: 国内で消費されている小豆の60%前後は北海道産小豆であり(ちなみに取引所に上場されている小豆の標準品も「北海道産小豆みがき2等級合格品」)、北海道の小豆の作況が市場に大きく影響します。

【値動き変動要因】

天候要因: 小豆の天候相場期は5月中旬の播種(種まき)から、10月上旬〜10月下旬の収穫期までで、この期間の北海道の天候が小豆の作況に大きく影響します。
シーズン需要: 小豆の需要最盛期は正月需要を控えた12月で、これに次ぐのが3月の彼岸需要と4月以降の春の行楽シーズン需要です。

上場商品リスト

ページトップ

金地金
金地金3つのメリット本日の金価格 金地金 購入・売却の手順
商品先物取引
初めての商品先物取引商品先物取引の始め方商品先物取引の税金
マーケット情報
海外商品相場国内商品相場ニュース・市況チャートアナリストの目
無料情報ツール
チャート分析ソフトDi-2モバイルサービスEメールサービス金価格メールFAXサービス
セミナー
開催スケジュール