ニュース・市況

前週末のNY金、約5カ月ぶりの安値に下落

2020/11/30 8:22:22

 今朝のNY金は1790ドルを挟んでの取引。
 前週末27日のNY金は投資家のリスク選好の動きで大幅安。欧米の製薬会社による相次ぐワクチン開発進展の報を受け、新型コロナウイルスのワクチン配布が想定より早く始まるとの期待から、景気回復ペースが加速するとの楽観的な見方が台頭。さらにトランプ米大統領が26日、大統領選を受けた選挙人投票でバイデン次期大統領の勝利が正式に決まれば、ホワイトハウスを去る意向を示し政権交代に伴う混乱への懸念が後退したことから、投資家のリスク選好ムードが強まり、安全資産とされる金は売られた。NY金の中心限月期近2月限は一時、前日比34.70ドル(1.92%)安の1776.50ドルと、中心限月の継続足で7月2日(1766.30ドル)以来約5カ月ぶりの安値を付けた。

関連ニュース(貴金属)

最新ニュース

※ 当社提供の情報について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終判断はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、第一商品は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

※ 本サイトに掲載されている情報の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップ