ニュース・市況

貴金属市況=金と白金は共に軟調1月25日 15:16

 25日の大阪取引所の貴金属市場は、金と白金は共に軟調。
 金標準は軟調。海外安を映した売りに圧迫され、下落して取引を終えた。米長期金利の上昇が金利を生まない資産である金の圧迫材料。また、バイデン大統領が打ち出した1兆9000億ドル規模の大型経済対策を巡り、野党共和党だけでなく、与党民主党からも反対の声が出ていると伝わり、追加経済対策の成立に対する懸念が台頭したことも、金にとっては弱材料となった。
 白金標準は軟調。ニューヨーク白金相場の軟調を映した売りが入り、下落して取引を終えた。

※ 当社提供の情報について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終判断はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、第一商品は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。