ニュース・市況

ニューヨーク貴金属市況=金は大幅続伸、米中関係悪化を背景に買い優勢

2020/05/30 6:00:00

 週末29日のニューヨーク貴金属市場は、軒並み上昇。
 NY金は大幅続伸。中国が全国人民代表大会(全人代)で、反体制活動を厳しく取り締まる「国家安全法」を香港に導入する方針を賛成多数で採択し、これを受けてトランプ米大統領が記者会見を行う意向を表明。トランプ米政権が対中制裁を発動するとの見方が広がって米中関係悪化への懸念が急速に高まり、投資家のリスク回避姿勢が一段と強まったことから、安全資産とされる金の買いが優勢となる格好。約1週間ぶりに1750ドル台を回復するなど大きく水準を切り上げた。なお、清算値(終値)確定後に行われた記者会見でトランプ大統領は、香港への優遇措置を撤回する方向であることなどを表明したものの、米中貿易協議「第一段階合意」への言及はなかったためか、清算値確定後の電子取引では上げが一服している。
 NY白金は反発。金の大幅高に追随したが、香港情勢をめぐる米中対立激化への懸念が強まっていることなどに圧迫され、頭重さの目立つ値動きとなった。

関連ニュース(貴金属)

最新ニュース

※ 当社提供の情報について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終判断はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、第一商品は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

※ 本サイトに掲載されている情報の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップ