ニュース・市況

海外商品市況=原油は続伸、一時35ドル台後半

2020/05/30 7:00:00

 週末29日のニューヨーク原油は大幅続伸。新型コロナウイルス感染拡大により制限されていた経済活動の再開が主要国で進んでいることに伴う、エネルギー需要回復期待が引き続き相場を支援。ベーカーヒューズ社が発表した米国内の石油掘削リグ稼働数が前週比15基減の222基となり、2009年6月以来の低水準に落ち込んだほか、米政権が米中貿易協議「第一段階合意」を破棄する考えはないと報じられたことで、需給引き締まりが意識され、一時1バレル=35ドル台後半まで値位置を切り上げた。

関連ニュース(石油製品)

最新ニュース

※ 当社提供の情報について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終判断はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、第一商品は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

※ 本サイトに掲載されている情報の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップ