ニュース・市況

外為市況=円相場は107円台後半

2020/05/30 6:00:00

 週末29日の外国為替市場の円相場は、1ドル=107円台後半。
 トランプ米大統領が29日に中国に関して記者会見を行うと表明したことで、米中対立激化を警戒した向きのリスク回避的な円買いが優勢となり、アジア取引時間帯に一時1ドル=107円付近まで円高・ドル安が進んだ。しかしその後は、月末を迎えて持ち高調整のドル買いが入り、107円台後半まで円安方向に切り返す動きとなった。米政権が米中貿易協議「第一段階合意」を破棄する考えはないと報じられたことも円売り・ドル買いを誘ったとみられる。
 注目されたトランプ大統領の会見では、香港の特別な地位剥奪に向けたプロセスの開始や、中国当局者への制裁などが示されたものの、追加関税の強化などへの言及はなかった。市場では「中国当局の反応待ちとなり、手掛かり材料にならなかった」との指摘が聞かれた。

関連ニュース(為替)

最新ニュース

※ 当社提供の情報について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終判断はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、第一商品は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

※ 本サイトに掲載されている情報の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップ