ニュース・市況

東京外為市況=円相場は107円台半ば

2020/06/01 17:00:00

 週明け1日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=107円台半ば。
 新型コロナウイルス感染拡大により停滞していた経済活動再開への期待が、引き続き投資家のリスク回避姿勢を後退させ、相対的に安全な通貨とされる円を売ってドルを買う動きが先行。東京市場は一時1ドル=107円台後半まで円安・ドル高に振れた。しかしその後は持ち高調整のドル売りが入り、107円台半ばに水準を戻す展開となった。市場では「米中対立激化への懸念に加え、米国での抗議デモ拡大への警戒感も強まっており、ドルの上値を抑えている」との指摘が聞かれた。

関連ニュース(その他)

最新ニュース

※ 当社提供の情報について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終判断はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、第一商品は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

※ 本サイトに掲載されている情報の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップ