ニュース・市況

東京外為市況=円は小幅安

2020/08/04 10:17:46

 4日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=106円台前半での取引。
 前日発表された7月の米ISM製造業景況指数が良好だったことや、世界的な株価の上昇を背景に低リスク通貨とされる円を売ってドルを買う動きが先行した。ただ、市場では「ドルを売って利益を確保したいという心理が働き、一方的に円安が進むことはないだろう」との声が聞かれた。

関連ニュース(その他)

最新ニュース

※ 当社提供の情報について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終判断はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、第一商品は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

※ 本サイトに掲載されている情報の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップ