ニュース・市況

ニューヨーク貴金属市況=金は続伸、清算値確定後に年初来高値更新

2019/07/19 6:00:00

 18日のニューヨーク貴金属市場は、パラジウムを除いて堅調。
 NY金は続伸。対ユーロでのドル高基調一服などを背景に買われた前日の流れに対する反動で利益確定売りが先行する場面もあったが、その後は米中貿易摩擦の早期妥結期待後退を受けて投資家がリスク回避姿勢を強め、安全資産とされる金は買われてプラス圏を回復。そして清算値(終値)確定後の電子取引では、ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁が「低金利時に追加刺激策が必要で、景気情勢の悪化まで待つことはできない」と発言し、これを受けて利下げ観測が急速に高まったことから金利を生まない資産である金の買いが活発化。トランプ米大統領がペルシャ湾で米海軍艦艇に接近したイランの無人機を撃墜したと述べ、地政学的リスクが高まったことも上げ足を強め、6月25日高値1442.90ドルを上抜き年初来高値を更新している。
 NY白金は7営業日続伸。対ユーロでのドル安基調に支えられたが、欧州株価の下落に圧迫されて清算値は小幅高で確定。その後の電子取引ではウィリアムズ総裁の発言などを受けた金の急伸に連れて上げ幅を拡大している。

関連ニュース(貴金属)

最新ニュース

※ 当社提供の情報について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終判断はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、第一商品は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

※ 本サイトに掲載されている情報の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップ

金地金
金地金3つのメリット本日の金価格 金地金 購入・売却の手順
商品先物取引
初めての商品先物取引商品先物取引の始め方商品先物取引の税金
マーケット情報
海外商品相場国内商品相場ニュース・市況チャートアナリストの目
無料情報ツール
チャート分析ソフトDi-2モバイルサービスEメールサービス金価格メールFAXサービス
商品セミナー
開催スケジュール