ニュース・市況

東京外為市況=日米の金融政策決定を控え、108円台前半で小動き

2019/09/18 15:25:08

 18日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=108円台前半。  日銀の金融政策決定会合や、米連邦準備制度理事会(FRB)が金融政策を話し合う連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を見極めたいとの思惑から、欧米時間を通じて108円台前半でもみ合う展開となった地合いを引き継ぎ、東京市場も108円台前半で始まった後は、海外市場と同様に日米の金融政策決定を前に模様眺め気分が広がり、108円台前半で小動きとなっている。市場では、米中両国の一段の対立激化がとりあえず回避されている状況にあって、FOMCがどのような決定を下すかが当面の基調を左右するという。

関連ニュース(為替)

最新ニュース

※ 当社提供の情報について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終判断はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、第一商品は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

※ 本サイトに掲載されている情報の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップ

金地金
金地金3つのメリット本日の金価格 金地金 購入・売却の手順
商品先物取引
初めての商品先物取引商品先物取引の始め方商品先物取引の税金
マーケット情報
海外商品相場国内商品相場ニュース・市況チャートアナリストの目
無料情報ツール
チャート分析ソフトDi-2モバイルサービスEメールサービス金価格メールFAXサービス
商品セミナー
開催スケジュール