盛川 貴洋/アナリストの目

東京白金、世界経済を睨んだ動きに
2020/07/22 16:31:46

 今週の東京白金は週末に急騰し、先限は22日高値3036円をつけ、3月9日(高値3059円)以来、4カ月半ぶりに3000円台を回復した。
 欧州連合(EU)首脳会議が21日、新型コロナウイルス危機対応で7500億ユーロの経済再建策について合意。景気回復への期待感が強まったことは、工業用需要の割合の高い白金を押し上げた要因。また、対ユーロでのドル安を眺めて、ドル建てNY白金が割安感からの買いが入り上伸した。これらを受けて、東京白金は直近のレンジを上抜き、新型コロナウイルス感染症の拡大による景気後退懸念が強める前の水準に値を戻した。当面は現在の値位置を維持できるかが焦点となり、欧米の景気関連指数を眺めながら方向感を探る展開となりそうだ。

(注)上記の展望は7月22日夕方時点に作成されたものです。

●アナリスト紹介
 第一商品(株)フューチャーズ24、盛川 貴洋
 現在、フューチャーズ24にて、FAX・メール情報の市況作成等を担当。商品市場だけでなく、マクロ経済から金融市場まで守備範囲が広く、本質をついた鋭い分析が持ち味。「商品アナリスト(石油)・東京商品取引所認定」を取得。