山内 治/アナリストの目

金、方向性を探る動き
2020/08/28 16:34:47

 来週は方向性を探る動きか。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が27日のオンライン講演で、米景気の悪化を防ぐためFRBが相次いで打ち出してきた緊急利下げや量的緩和などの政策の長期化を示唆したため下値は堅いだろう。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大だけでは、頭の重い場味となっている。再度、上に向かうには新規買い材料が必要と読む。28日午後の安倍首相辞任報道は気になるところ。円高・株安が誘発され、一時的に国内金も連れ安する動きを警戒すべきなのかもしれない。

 (注)上記の展望は8月28日夕方時点に作成されたものです。

●アナリスト紹介
 第一商品(株)フューチャーズ24、山内 治
 現在、フューチャーズ24にて、FAX・メール情報に掲載する市況作成等を担当。国際情勢を軸にした、長期的な商品分析を得意とする。