山内 治/アナリストの目

東京金、買い方有利か
2019/04/05 17:31:24

 今週の東京金先限は、手じまい売り一巡感から概ね買い戻し先行で取引された。
 来週は、下振れ警戒感が後退したことで買い方有利の展開か。FRBのハト派的な政策スタンスが再認識されるような流れになれば、一段高が期待できる。白金が動意付いていることも支援材料になりそう。ただ、4月12日に延期された英国による欧州連合(EU)からの離脱問題は気になるところ。ユーロ安懸念が再燃すれば、ドル建て金は軟調推移を強いられるだろう。国内金の今週の反発は、現在の投資環境下において先限の4600円割れ水準は絶好の買い場であることが確認できた。下値の堅い相場と判断し、買い拾う姿勢が得策と読む。

 (注)上記の展望は4月5日夕方時点に作成されたものです。

●アナリスト紹介
 第一商品(株)フューチャーズ24、山内 治
 現在、フューチャーズ24にて、FAX・メール情報に掲載する市況作成等を担当。国際情勢を軸にした、長期的な商品分析を得意とする。「商品アナリスト(貴金属)・東京商品取引所認定」を取得。

金地金
金地金3つのメリット本日の金価格 金地金 購入・売却の手順
商品先物取引
初めての商品先物取引商品先物取引の始め方商品先物取引の税金
マーケット情報
海外商品相場国内商品相場ニュース・市況チャートアナリストの目
無料情報ツール
チャート分析ソフトDi-2モバイルサービスEメールサービス金価格メールFAXサービス
商品セミナー
開催スケジュール