盛川 貴洋/アナリストの目

東京白金はもち合い
2019/04/19 17:02:22

 今週の東京白金は堅調。工業用需要の比率が高い白金は、世界的な景気後退懸念を背景とした売りが入り、17日安値3155円まで下落した。その後は、米中貿易交渉の進展への期待感や、パラジウムの急伸になびいた買いに支えられ、3200円台を回復して越週した。パラジウムは米中貿易交渉進展への期待感や、1〜3月期の国内総生産(GDP)など最近発表された中国の経済指標が底堅い内容だったことなどを手掛かりに買いが活発化した。
 ただ、欧州地域でのディーゼル車の販売シェアの減少懸念などが引き続き、圧迫材料となっているため上値も重い。また、国内の大型連休を控えて整理売り圧力も今後は強まると考えられ、来週の東京白金は現在の値位置でもち合う動きになると考えられる。

(注)上記の展望は4月19日夕方時点に作成されたものです。

●アナリスト紹介
 第一商品(株)フューチャーズ24、盛川 貴洋
 現在、フューチャーズ24にて、FAX・メール情報の市況作成等を担当。商品市場だけでなく、マクロ経済から金融市場まで守備範囲が広く、本質をついた鋭い分析が持ち味。「商品アナリスト(貴金属)・東京商品取引所認定」を取得。