山内 治/アナリストの目

東京金、円相場次第か
2019/05/10 16:50:43

 今週の東京金先限は為替の円高を嫌気した売りが集まり、下値を切り下げる展開となった。
 来週はニューヨーク金相場の地合いが回復しつつあることで、円高が一服すれば買い戻し先行で推移しそう。ただ、10日の米国による中国輸入品への追加関税引き上げ発表後の米中の貿易協議の行方は気になるところ。米中協議は最終的には決裂せず、交渉は長引くも何らかの形で合意に至ると予想するが、関税の報復合戦に発展するようだと世界経済の先行き不安からリスクオフとなり、円高ドル安・NY金高が進行するだろう。
 来週の先限予想レンジは4470円〜4600円。

 (注)上記の展望は5月10日夕方時点に作成されたものです。

●アナリスト紹介
 第一商品(株)フューチャーズ24、山内 治
 現在、フューチャーズ24にて、FAX・メール情報に掲載する市況作成等を担当。国際情勢を軸にした、長期的な商品分析を得意とする。「商品アナリスト(貴金属)・東京商品取引所認定」を取得。

バックナンバー

金地金
金地金3つのメリット本日の金価格 金地金 購入・売却の手順
商品先物取引
初めての商品先物取引商品先物取引の始め方商品先物取引の税金
マーケット情報
海外商品相場国内商品相場ニュース・市況チャートアナリストの目
無料情報ツール
チャート分析ソフトDi-2モバイルサービスEメールサービス金価格メールFAXサービス
商品セミナー
開催スケジュール