盛川 貴洋/アナリストの目

東京白金、下値を試す展開
2019/08/02 17:21:45

 今週の東京白金は週末に急落。米連邦準備制度理事会(FRB)による米利下げ観測や、米中貿易交渉進展への期待感、南アフリカ共和国での鉱山会社との労使交渉の難航見通しなどを手掛かりに上伸し、7月30日高値3084円をつけ、2カ月半ぶりの高値をつけた。
 しかし、米FRBの大幅な利下げや年内の一段の金利緩和を期待していた向きがドルを買い戻したことで、ドル建てNY白金が割高感からの売りが入り下落。また、トランプ米大統領が1日、対中制裁関税「第4弾」発動の意向を表明し、米中貿易摩擦への懸念が再燃したことで、中国経済の減速懸念を背景とした自動車販売台数と排ガス除去装置の触媒に用いられる白金やパラジウムの需要減少見通しが強まり、白金は急落。目先、100日移動平均の水準を回復できなければ値を崩し、短期的には2800円の節目を視野に下値を試す展開が見込まれる。

(注)上記の展望は8月2日夕方時点に作成されたものです。

●アナリスト紹介
 第一商品(株)フューチャーズ24、盛川 貴洋
 現在、フューチャーズ24にて、FAX・メール情報の市況作成等を担当。商品市場だけでなく、マクロ経済から金融市場まで守備範囲が広く、本質をついた鋭い分析が持ち味。「商品アナリスト(貴金属)・東京商品取引所認定」を取得。

金地金
金地金3つのメリット本日の金価格 金地金 購入・売却の手順
商品先物取引
初めての商品先物取引商品先物取引の始め方商品先物取引の税金
マーケット情報
海外商品相場国内商品相場ニュース・市況チャートアナリストの目
無料情報ツール
チャート分析ソフトDi-2モバイルサービスEメールサービス金価格メールFAXサービス
商品セミナー
開催スケジュール