上野 隆/アナリストの目

NY原油、引き続き上値重い
2019/08/16 16:37:26

 NY原油(WTI)相場は13日、米通商代表部(USTR)が、来月1日に実施する中国からの輸入品ほぼすべてに制裁関税を拡大する「第4弾」について、スマートフォンや衣類など一部製品への発動を12月15日まで延期すると発表したことに伴う、米中貿易摩擦激化懸念の後退を背景に、一時1バレル=57.47ドルまで上昇、1日以来の高値を付けた。しかし、7月の中国鉱工業生産が17年5カ月ぶりの低い伸びを記録したほか、2019年4〜6月期のドイツの実質GDP(国内総生産)速報値が3四半期ぶりにマイナス成長に転落となるなど弱い経済指標に加え、米債券市場で長期金利の指標である10年債利回りが急低下し、一時2年債利回りを下回る「長短金利逆転(逆イールド)」現象が12年ぶりに出現。逆イールドは景気後退の前兆とされており、世界経済の減速懸念が再び相場を圧迫する格好で、一時53ドル台まで売られた。
 7月の米小売売上高の上振れや米株価の反発を好感して、16日の時間外取引では55ドル台を回復して推移しているものの、中国財政省が15日の声明で制裁関税「第4弾」への対抗措置に言及。これに対しトランプ米大統領が、中国政府が対抗措置を取った場合は「究極の報復手段」で応じる構えを示すなど、米中対立解消への糸口が掴めない状況では原油相場の上値は限られ、NY相場は55ドルを上回る水準は戻り売り優勢の展開が見込まれる。

 (注)上記の展望は8月16日夕方時点に作成されたものです。

●アナリスト紹介
 第一商品(株)フューチャーズ24、上野 隆
 現在、フューチャーズ24にて、FAX・メール情報に掲載する市況作成等を担当。広範な知識に基づいた情報分析や、テクニカルを駆使した商品分析を得意とする。「商品アナリスト(貴金属)・東京商品取引所認定」、「商品アナリスト(オプション)・東京商品取引所認定」を取得。2016年TOCOM石油アナリスト育成セミナー修了者。

金地金
金地金3つのメリット本日の金価格 金地金 購入・売却の手順
商品先物取引
初めての商品先物取引商品先物取引の始め方商品先物取引の税金
マーケット情報
海外商品相場国内商品相場ニュース・市況チャートアナリストの目
無料情報ツール
チャート分析ソフトDi-2モバイルサービスEメールサービス金価格メールFAXサービス
商品セミナー
開催スケジュール