盛川 貴洋/アナリストの目

東京白金はもち合い継続に
2019/09/27 17:45:19

 今週の東京白金は米中貿易交渉の進展期待などを背景に連休明けに上伸した後は、値位置を維持できずに反落し3200円の水準で推移している。
 ムニューシン米財務長官が23日、米中の閣僚級貿易協議が10月第2週にワシントンで開かれると明らかにしたことで両国による協議への期待感が高まった。しかし、トランプ米大統領が24日の国連総会での一般討論演説で、中国の不公正な貿易慣行を名指しで非難し、強硬姿勢を示したことで米中貿易交渉を巡る先行き不透明感が強まり、工業用需要の比率の高い白金は下落。また、25日には一転して、トランプ米大統領が予想より早く中国との貿易合意が得られる可能性があると発言したが、同氏の発言に一喜一憂する動きとなる中、様子見姿勢も強まり、値動きは限られた。来週は、10月1日に中国建国70周年の祝賀式典を控えることや、週末に9月の米雇用統計発表などを控えるため動意に乏しく、現在の値位置でのもち合いを継続すると考える。

(注)上記の展望は9月27日夕方時点に作成されたものです。

●アナリスト紹介
 第一商品(株)フューチャーズ24、盛川 貴洋
 現在、フューチャーズ24にて、FAX・メール情報の市況作成等を担当。商品市場だけでなく、マクロ経済から金融市場まで守備範囲が広く、本質をついた鋭い分析が持ち味。「商品アナリスト(貴金属)・東京商品取引所認定」、「商品アナリスト(石油)・東京商品取引所認定」を取得。

金地金
金地金3つのメリット本日の金価格 金地金 購入・売却の手順
商品先物取引
初めての商品先物取引商品先物取引の始め方商品先物取引の税金
マーケット情報
海外商品相場国内商品相場ニュース・市況チャートアナリストの目
無料情報ツール
チャート分析ソフトDi-2モバイルサービスEメールサービス金価格メールFAXサービス
商品セミナー
開催スケジュール