石田 英夫/アナリストの目

東京とうもろこし、弱含みか
2019/10/11 16:22:31

<大豆>
 来週の東京一般大豆相場は、堅調な展開を予想する。
 今週の国内相場は閑散商いで動意薄。一方、シカゴ相場は昨年6月以来の高値を付けるなど水準を切り上げる展開となった。10日の米農務省需給報告は米国の期末在庫やイールドが事前予想を下回るなど強気な内容。中国による米国産大豆の買い付け期待も引き続き支持要因で、来週も堅調な地合いを維持しそう。米中貿易協議の動向に引き続き注目。
 先限の予想レンジは4万7500円〜5万0500円。

<とうもろこし>
 来週の東京とうもろこし相場は、弱含みの展開を予想する。
 今週は米中西部北部の降雪予報を背景に上昇し、先限継続足ベースで7月31日以来の高値を付けたが、弱気な米需給報告を受けて週末に反落した。短期チャートの悪化で来週はテクニカルな売りが出やすいか。米産地では収穫期を迎えているが、これまでのところ収穫ペースは例年を下回っている。引き続き産地の天候動向に注目。

 (注)上記の展望は10月11日夕方時点に作成されたものです。

●アナリスト紹介
 第一商品(株)フューチャーズ24、石田 英夫
 現在、フューチャーズ24にて、FAX・メール情報に掲載する市況作成等を担当。テクニカル分析を得意とし、先物ストラテジー情報「金・白金レポート」にて「テクニカル・ピックアップ」のコーナーも担当。
 「商品アナリスト(貴金属)・東京商品取引所認定」、「商品アナリスト(ゴム)・東京商品取引所認定」を取得。2015年TOCOMゴムアナリスト育成セミナー修了者。2017年TOCOM農産物アナリスト育成セミナー修了者。

バックナンバー

金地金
金地金3つのメリット本日の金価格 金地金 購入・売却の手順
商品先物取引
初めての商品先物取引商品先物取引の始め方商品先物取引の税金
マーケット情報
海外商品相場国内商品相場ニュース・市況チャートアナリストの目
無料情報ツール
チャート分析ソフトDi-2モバイルサービスEメールサービス金価格メールFAXサービス
商品セミナー
開催スケジュール