山内 治/アナリストの目

東京金、中国の出方次第か
2019/11/29 16:53:43

 今週の東京金先限は米中貿易協議の進展次第で上下する中、下値で買い拾われる形で越週した。
 来週は、米国で香港人権・民主主義法が成立した後、今週下振れを回避する要因となった中国の反発姿勢の行方が注目材料。中国政府は「断固反対」すると表明した後、具体的な動きはみせていない。米中貿易協議の第1段階の合意が成立し、12月15日に予定される米国による対中国制裁関税「第4弾」の発動が見送られるとのシナリオに狂いが生じるのか。こじれるような動きを中国がみせれば、ゴールドはリスク回避の買いに上昇すると読む。米国の経済指標も気になるところ。最近のドル堅調を後押しするような良好な数値の発表は、下値を確認した後の戻り頭を叩くだろう。

 (注)上記の展望は11月29日夕方時点に作成されたものです。

●アナリスト紹介
 第一商品(株)フューチャーズ24、山内 治
 現在、フューチャーズ24にて、FAX・メール情報に掲載する市況作成等を担当。国際情勢を軸にした、長期的な商品分析を得意とする。「商品アナリスト(貴金属)・東京商品取引所認定」、「商品アナリスト(石油)・東京商品取引所認定」を取得。

金地金
金地金3つのメリット本日の金価格 金地金 購入・売却の手順
商品先物取引
初めての商品先物取引商品先物取引の始め方商品先物取引の税金
マーケット情報
海外商品相場国内商品相場ニュース・市況チャートアナリストの目
無料情報ツール
チャート分析ソフトDi-2モバイルサービスEメールサービス金価格メールFAXサービス
商品セミナー
開催スケジュール