金取引のことならお問い合わせは 0120-431-561
資料請求はこちら

第一商品セミナー

セミナースケジュール

2月15日(土) 13:00〜15:00 渋谷本店

史上最高値も視野に入れつつある国内金価格

講師:植田 進 氏(横浜総合FP事務所代表)

 今後10年から20年は続くであろう米中の覇権争い。ここにきて突如イランを目覚めさせた格好のトランプ大統領。債務不履行(デフォルト) の急増や天文学的な規模に達しつつある中国の巨額の借金。このような危機を背景に、とりわけ東アジアや中東での大規模な政治経済的な流動化が予想される令和の2年目がスタートした。これまで長い間、満を持したまま出遅れ感の強かった国内金価格がいよいよ6495円の史上最高値を更新し1万円を目指す日もそう遠くはない。

詳しくはこちら

2月15日(土) 13:00〜15:30 日本橋支店

金価格の上昇相場はまだまだ続く

講師:林 則行 氏(元アブダビ投資庁ファンドマネージャ)

 金の上昇相場はこれからが本番です。今後、上昇相場特有の動きを示すようになります。短期間に急激に上がり、しばらく下がった後、また上昇が始まります。これを繰り返しながら、長期的上昇が続きます。 今回は短期的に利食って利益を確定する方法をお教えするとともに、長期的な金価格の上昇がどこまで続くのかについてもお話します。大暴騰相場が来る時の条件、予兆についてもお話します。中東情勢や欧米経済状況の如何で急上昇(下降)することがあるでしょうが、これに迷わされないようになります。 今まで買っていなかった人も遅くはありません。本セミナーで儲けるための公式を学んでください。

詳しくはこちら

2月15日(土) 13:00〜14:30 新宿支店

すでに始まった世界的な大インフレ!?

講師:本間 裕 氏(株式会社テンダネス代表)

 昨年末、日本の貴金属市場に、小さな変化が発生した。個人投資家が、銀(シルバー)の延べ棒を積極的に買い始めたために、店頭から商品が蒸発する事態が頻発したのである。「銀」の別名は「プアーマンズゴールド(貧乏人の金(ゴールド))」であり、現在、「1キロの延べ棒」が約7万円で購入可能である。そのために、今年、私自身が最も注目している点は、「大膨張したマネー経済」から「規模的に小さな実体経済」への「大量の資金移動」であり、実際には「銀」に続いて「金」や「プラチナ」、そして「株式」などの実物資産に、同様の動きが発生する可能性である。

詳しくはこちら

2月15日(土) 13:00〜14:30 千葉支店

2020年、世界的幕末の到来と各種相場の行方

講師:市岡 繁男 氏(相場研究家)

 1780年、1860年、1940年と、世界は80年ごとに転換期を迎えてきました。次の2020年からの10年間は世界的「幕末」に匹敵する混乱が到来するはずです。こうした時代を迎えるにあたって、どのように対処したらよいのでしょうか。株式、債券、為替、そして金の先行きについて、古今東西の各種データをもとに具体的に明示します。

詳しくはこちら

2月15日(土) 13:00〜14:30 仙台支店

2020年金価格展望【史上最高値更新なるか?】

講師:幡俊久/栗原篤行(第一商品 仙台支店)

 中東情勢の緊迫化や世界経済の減速懸念から上場来高値を更新した国内金価格が、2020年はどのような値動きをしてくるのかを分かり易く解説して参ります。混迷の度合いを深めている中東情勢や米国と中国の覇権争い、減速が見え始めている世界経済等、金市場を取り巻く状況は刻一刻と緊迫の度合いを高めてきております。2020年の国内金価格は1980年以来の史上最高値を更新するのか?詳細なデータを基に解説して参ります。

詳しくはこちら

2月15日(土) 13:00〜14:30 名古屋支店

全方位リスク対応の資産「金」

講師:池水 雄一 氏((社)日本貴金属マーケット協会 代表理事)

 2019年は貴金属や原油、非鉄金属といった商品が、株価と同様に上昇するという特異なマーケットとなりました。株価が上昇するときは、コモディティは下落するのが一般的です。株と商品上昇の背景にあるのは、世界中で自国の景気を支えるための金融緩和で世に溢れる資金とその結果としての超低金利です。しかし政策的低金利による景気浮揚は限界に近づき、この限りのない麻薬のような金融緩和の歪みが出てくるはずです。米国も日本も財政赤字は膨らむ一方であり、その悪影響が積み上がり、トランプ大統領の政策による地政学リスクの増大もあります。このリスクに対応するためには、価値の源泉がそのものにある「金」が最も簡単で直接的です。

詳しくはこちら

2月15日(土) 13:00〜14:30 大阪支店

輝き増す金の2020年を展望する

講師:森田 隆大 氏(ワールド・ゴールド・カウンシル顧問)

 過去数年においてボックス圏で推移してきた金価格は、ここに来て、幾重もの抵抗線を短期間で突き抜け、急上昇している。その背景を探るとともに、防衛資産として輝きを増す金のこれからを展望する。また、直近の需給状況を含め、金市場の最新動向も点検する。

詳しくはこちら

2月15日(土) 13:00〜15:00 広島支店

金地金税込み1s600万円時代へ突入! 資産運用の中核として金が中心的存在へ

講師:柿崎 武志(第一商品 広島支店 支店長)

 2020年大発会 金価格は164円高と急騰し、日経平均株価は451円安と波乱の幕開けとなりました。新たに中東リスクが世界を駆け巡りました。広島支店セミナ−は昨年より【史上最高値6495円達成のシナリオ】を解説して参りましたが、第一段階として、地金税込み価格6000円/gが達成されました。世界の投資家、中央銀行が金を買っております。また中国が金保有量で米国を抜き、その金保有量を背景に【デジタル通貨】発行へ舵を切り始めました。資産運用の基本から弊社の金見通しの検証および2020年の注目要因を解説いたします。

詳しくはこちら

2月15日(土) 13:00〜14:00 高松支店

2020年金相場展望について

講師:植田 将之(第一商品 高松支店 支店長)

 令和の新元号で始まった2019年は、米国の3度にわたる利下げや欧州の量的緩和再開等、世界の金融政策が大きく変化し、東京金は上場来高値を更新する展開となりました。そして翌2020年は、その流れに上乗せする形で中東情勢の地政学的リスクが高まり、年初から昨年つけた上場来高値を再度更新するスタートとなっております。これにより今年NY金2000ドル、東京金6000円が現実味を帯びてきている自負する現状の金を取り巻く環境を再確認して頂き、お客様の資産運用のお役に立てればと思っておりますので、初めての方もお気軽に今回のセミナーにご参加頂ければ幸いです。

詳しくはこちら

2月15日(土) 13:00〜14:00 福岡支店

今後の金価格見通しと金投資の魅力について

講師:山本 力也(第一商品 福岡支店 支店長)

 2020年開始早々、中東情勢緊迫により東京金価格は上場来高値を更新。米中貿易協議の行方や、各地域の経済不安も継続している中、今年も金価格の騰勢は続くのか。各種データを基に今後の金価格の見通しと金投資の手法やそれぞれの魅力について分かりやすくお伝えします。

詳しくはこちら

ページトップ

当セミナーで学べること

  1. 金相場の見通し

    著名な貴金属アナリストや経験豊富な当社専門スタッフが、金相場の近況を振り返り、今後の注目材料と相場の見通しを大胆に予測します。今後の金相場を予想する上での材料のひとつとして、専門家の意見を参考にしてみてはいかがでしょうか。

  2. プロの知識とノウハウ

    経済アナリストやジャーナリスト、大学教授や元ファンドマネージャーなど、各分野の第一線で活躍しているプロの知識とノウハウをお伝えします。政治・経済全般の話から、具体的なお金の運用術まで様々なテーマを取り上げていますので、ご自身のスキルアップに最適です。

  3. 金投資のイロハ

    金投資が初めての方向けに、金投資の基礎知識やメリット、金地金購入時に注意すべきポイントなどを分かりやすく解説します。「どうやって買ったらいいの?」「いつ買えばいいの?」といった初心者の方が知りたい内容がしっかり学べます。

参加者の声

30代男性

これまで、日米の動きしか意識していませんでしたが、中国政府の思惑に関しての講師の方の鋭い洞察力には驚きました。中国が金を買い集めている理由や今後の野望について、しっかりデータの裏付けもあり、有力な推論が聞けたと思います。

40代女性

ジャーナリストならではの幅広い知識と鋭い視点、そしてユーモアのある話し方が良かった。これからの世界情勢やお金の流れの話がとても参考になり、インフレや消費増税など今後我々が避けて通れない問題がよく理解できました。

50代男性

金への投資と一口にいっても、金地金、純金積立、金ETFとさまざまな商品があることが分かりました。中長期での投資を考えていますが、「金地金」取引のメリット・デメリットを丁寧に説明してくれたので、初心者の私でもある程度の知識をつけることができました。

ページトップ