金取引のことならお問い合わせは 0120-431-561
資料請求はこちら

第一商品セミナー

セミナースケジュール

9月21日(土) 13:00〜15:30 渋谷本店

長期上昇トレンドに入った金相場で儲けるための公式

講師:林 則行 氏(元アブダビ投資庁ファンドマネージャ)

 金は上昇相場に入ってきました。これまで私のセミナーに参加されてきた皆さんは値上がり益が出てきたことでしょう。今回は、利食いの方法についても教えます。
 「金はまだ上がるんじゃないの?もう利食い?」と思われる方がいるでしょう。今は、上昇相場の途中にある過熱局面にあります。相場は上げ下げを繰り返しながら、上がっていくものなので、過熱局面でいったん売るのは悪い戦略ではありません。
 ただし、長期では上昇相場が続きます。どのようなファンダメンタルが支えとなっているのか、暴騰相場が来る時の条件、予兆についてもお話します。今まで買っていなかった人も遅くはありません。金はこれからが儲けの本番です。本セミナーで儲けるための公式を学んでください。

詳しくはこちら

9月21日(土) 13:00〜15:00 日本橋支店

世界景気の後退の中、金は6500円の史上最高値を狙う

講師:村山 優/小野 孝(第一商品 日本橋支店)

 米・中の対立、イラン・米の対立、香港・中国の対立、日・韓の対立、英国の合意無き離脱の可能性や伊国の財政問題など不安な材料に事欠かない状況の中で自分の資産を守り増やしていくために金が注目されています。日本では10月に消費税増税を控え、過去3回の増税ではすべて円安の流れになっていることから更に金価格が大きく押し上げられる可能性について等、 今後の金相場の展開を予想します。

詳しくはこちら

9月21日(土) 13:00〜14:30 新宿支店

一部:通貨暴落、マネ−経済の終焉
二部:なぜ今、金なのか? 金上昇、3つのシナリオ

講師:関口昌平/小泉直司(新宿第二支店)

 一部では、リーマンショック以降続いたマネーの膨張の限界、貿易戦争、通貨安競争、その先には? 新時代の資産運用を徹底考察します。二部では、「なぜ今、金なのか?」上場来高値を更新した金価格、その上昇要因を紐解く。今後の金上昇の3つのシナリオを詳しく解説します。

詳しくはこちら

9月21日(土) 13:00〜15:00 千葉支店

いよいよ動き始めた金価格!米中の貿易戦争が与えた効果とは?

講師:本間 裕 氏(株式会社テンダネス代表)

 ”世界的な国債バブルの崩壊”
 過去一年間余り、トランプ大統領が仕掛けた米中の貿易戦争に、世界の関心が集まり、「景気が悪化し、金利が下がり、国債が買われるのは当然だ」という理解が世界中に広がっていた。しかし、実は、この動きこそ、インフレの大津波の前に発生する「引き潮」の状態を表しており、このことを察知した人々は、すでに、本当の安全資産【金(ゴールド)】を買い始めているようにも感じている。

詳しくはこちら

9月21日(土) 13:00〜14:30 仙台支店

一部:上場来高値更新・注目の金価格、今後の展望
二部:具体的な金投資術

講師:幡俊久/清家徹(第一商品 仙台支店)

 一部では、米国の利下げ後、東京市場において上場来高値を更新した「金」の今後の展望を長期的な視点で分かり易く解説。ニ部では、米国の金融政策、米中貿易問題等、金価格に大きな影響を与えてくるニュースを取り上げ、具体的な材料を用いての運用手法等を紹介して参ります。

詳しくはこちら

9月21日(土) 13:00〜14:00 名古屋支店

年末に向けた貴金属の見通し

講師:松本 太二(第一商品 名古屋支店 次長)

 9月のFOMC後の為替動向、英国の10月EU離脱問題、米中貿易協議の行方などから、安全資産とされている金の価格はどうなるのか? また金投資の具体的な取り組み方として地金と先物について説明してまいります。 初めての方にも分かり易く解説してまいります。

詳しくはこちら

9月21日(土) 13:00〜15:15 大阪支店

2019年の経済展望と金・・・世界的「幕末」の到来へ

講師:市岡 繁男 氏(相場研究家(元大手金融機関ファンドマネジャー・エコノミスト))

 1780年、1860年、1940年。世界は80年ごとに転換期を迎えてきました。そうなると次の中心年である2020年に向けて、来年の政治経済はこれまで以上に混迷の度合いを強めていくことでしょう。いわば世界的規模の「幕末」の到来であり、今年5月からの金価格上昇はその兆侯でしょう。
 本セミナーでは、古今東西の膨大な統計データを分析し、それをもとに株、債券、為替、そして金相場の先行きを考えてみたいと思います。
(参考記事)日本は80年周期の大変動、世界的にも「幕末」か

詳しくはこちら

9月21日(土) 13:00〜14:30 広島支店

一部:金価格革命進行中!国内金価格【史上最高値6495円】が視野に!
二部:金地金の買い方・売り方 増税前に知っておきましょう

講師:柿崎 武志/永島幹也(第一商品 広島支店)

 金利引き下げから金が過去5年のもみ合いから大きく離れてきました。またNYダウも歴史的な高値から波乱の模様です。さらに10月には消費税10%が実施されます。金価格が5500円を超えてくると10%消費税で600万円が現実となります。弊社では多くの方へ地金を販売して参りましたが、消費税増税前にさらなる保有を訴えて参りたいと思います。初心者からベテランの方まで多くの方のご来場お待ちしております。

詳しくはこちら

9月21日(土) 13:00〜14:00 高松支店

金を取り巻く環境と今後の見通しについて

講師:植田 将之(第一商品 高松支店 支店長)

 6年ぶりに上場来高値を更新してきた金の状況と、年末・年始の見通しを詳しく解説していきます。これから「金」について理解を深めたいという方、また現在「金」をお取引されている方、お気軽にご参加下さい。

詳しくはこちら

9月21日(土) 13:00〜15:10 福岡支店

これからの世界経済のなかの、通貨・株価・そして金価格

講師:吉田 繁治 氏(システムズリサーチ チーフコンサルタント)

 世界の金融は、マネー量の増加による負債の臨界点に向かっています。現在の主要国の金融・経済は、10年前のリーマン危機のあと、2000兆円のマネー増刷の上にあります。これは政府、官民の金融機関、または企業の負債の歴史上最大の増加になっていて、持続可能ではありません。
 これらの負債が、数年内に、不良債権に転換する臨界点に至ることは、確実でしょう。そのとき、ドル、ユーロ、円、人民元、世界の株価、そして、誰の負債でもない安全資産とされている金の価格はどうなるかを、今話題の吉田繁治氏が数値的な根拠をもって予想します。

詳しくはこちら

9月27日(金) 16:00〜17:00 仙台支店

混迷深まる世界経済と「金」

講師:栗原 篤行(第一商品 仙台支店 係長)

 激しさを増す米・中の貿易戦争、ハード・ブレグジットに向けて突き進む英国に中東、南米リスクも高まっております。今、世界で何が起こっているかを紹介するとともに、今後の金価格にどの様な影響を及ぼす可能性があるのか?最新の情報から、現状、今後の金価格見通しを紹介致します。

詳しくはこちら

ページトップ

当セミナーで学べること

  1. 金相場の見通し

    著名な貴金属アナリストや経験豊富な当社専門スタッフが、金相場の近況を振り返り、今後の注目材料と相場の見通しを大胆に予測します。今後の金相場を予想する上での材料のひとつとして、専門家の意見を参考にしてみてはいかがでしょうか。

  2. プロの知識とノウハウ

    経済アナリストやジャーナリスト、大学教授や元ファンドマネージャーなど、各分野の第一線で活躍しているプロの知識とノウハウをお伝えします。政治・経済全般の話から、具体的なお金の運用術まで様々なテーマを取り上げていますので、ご自身のスキルアップに最適です。

  3. 金投資のイロハ

    金投資が初めての方向けに、金投資の基礎知識やメリット、金地金購入時に注意すべきポイントなどを分かりやすく解説します。「どうやって買ったらいいの?」「いつ買えばいいの?」といった初心者の方が知りたい内容がしっかり学べます。

参加者の声

30代男性

これまで、日米の動きしか意識していませんでしたが、中国政府の思惑に関しての講師の方の鋭い洞察力には驚きました。中国が金を買い集めている理由や今後の野望について、しっかりデータの裏付けもあり、有力な推論が聞けたと思います。

40代女性

ジャーナリストならではの幅広い知識と鋭い視点、そしてユーモアのある話し方が良かった。これからの世界情勢やお金の流れの話がとても参考になり、インフレや消費増税など今後我々が避けて通れない問題がよく理解できました。

50代男性

金への投資と一口にいっても、金地金、純金積立、金ETFとさまざまな商品があることが分かりました。中長期での投資を考えていますが、「金地金」取引のメリット・デメリットを丁寧に説明してくれたので、初心者の私でもある程度の知識をつけることができました。

ページトップ