金取引のことならお問い合わせは 0120-431-561
資料請求はこちら

大阪支店セミナー 2019年1月19日開催

 1780年、1860年、1940年。世界は80年ごとに転換期を迎えてきました。そうなると次の中心年である2020年に向けて、来年の政治経済はこれまで以上に混迷の度合いを強めていくはずです。いわば世界的規模の「幕末」の到来であり、昨年秋からの株価下落はその兆侯でしょう。
本セミナーでは、古今東西の膨大な統計データを分析し、それをもとに株、債券、為替、そして金相場の先行きを考えてみたいと思います。

開催概要

テーマ古今東西のデータから予測する2019年の相場
開催日2019年1月19日(土)
時間13:00 〜 14:20
定員100名
参加費無料
会場第一商品株式会社 大阪支店
大阪府大阪市中央区久太郎町3-5-13
問合せ06-6282-9411

プログラム

13:00〜14:20 第一部
『古今東西のデータから予測する2019年の相場』
〜世界的規模の「幕末」をどう乗り切るか〜

講師:相場研究家(元大手金融機関資産運用・調査部門歴任)市岡 繁男氏

質疑応答(14:00〜14:20)

講師紹介

相場研究家(元大手金融機関ファンドマネジャー・エコノミスト)
市岡 繁男 氏

1958 年北海道生まれ 一橋大学経済学部卒 住友信託銀行、ロスチャイルド投資顧問、富国生命、独立系シンクタンク勤務を経て独立。その間、一貫して投資運用、調査部門に携わる。 現在週刊エコノミストにコラムを執筆掲載、財団などの投資アドバイザーを務めている。

>> 市岡繁男氏のブログ 市岡繁男のほぼ一日一図

会場地図

第一商品株式会社 大阪支店

ページトップ