チャンス広がる先物取引、商品先物取引

商品先物取引の魅力

少額資金で取引できる

商品先物取引では、少額の証拠金を預けることでその何倍もの取引ができるというのが大きな特徴であり、魅力の一つです。これをレバレッジ効果と呼び、資金効率が高い取引が可能となります。

下落局面でも利益チャンス

商品先物取引は、「買い」だけではなく、「売り」からも取引が開始でき、相場の下落局面も利益チャンスにすることが可能です。株の信用取引のように売りから入っても逆日歩のようなコストは発生しません。

分散投資、インフレ対策に最適

商品先物取引で投資対象とするのは、貴金属・エネルギー・穀物などの実際の商品(モノ)。これらは株式との関連性が低いので、リスク分散や代替の運用先として適しています。また実物資産の代表である金はインフレ対策としても優れています。

はじめての方へ

◆ はじめての商品先物取引

商品先物取引の仕組みルールを分かりやすく解説。まずはここで概略をつかみましょう。

◆ 第一商品で取引するメリット

金先物取引なら常にトップクラスの実績。多くの方に選んで頂いているその理由とは?

商品先物のことをもっと知ろう

◆ 商品先物取引 Q&A

素朴な疑問から踏み込んだ質問まで、商品先物取引に関するあなたの疑問を解決します。

◆ 商品先物取引の税金

利益が出た時の税金について。他の金融商品との合算や損益の繰越制度など。

商品先物取引をはじめる

◆ 口座開設の手順

必要書類や審査からご入金までの流れなど、口座開設の手順をわかりやすく解説しています。

◆ リスク管理ツール

売買損益の計算や不足金が発生するポイントなどのシミュレーションを簡易的に行えるツール。

取引ガイド

◆ 当社証拠金一覧表 PDF

◆ 当社委託手数料 PDF

◆ 当限納会日 及び 受渡日 PDF

◆ 当社取扱い銘柄・立会時間一覧表 PDF

先物取引で一番人気の「金」で、積極的な資産運用を!

 金投資というと、金地金やコイン、純金積立やETFなどいろいろな方法がありますが、積極的な資産運用の手段として最近特に注目されているのが金の先物取引です。

 現物取引と比較して、先物取引の特徴は、少ない資金で大きな取引ができるという効率性、金価格の上昇だけでなく、下落局面でも利益を狙うことのできる柔軟性があげられます(商品先物取引の仕組みについては こちら )。

 また、金を含め商品先物取引は、商品取引会社(正式には商品先物取引業者)を通じて、法律に基づき農林水産省及び経済産業省の許可を受けた商品取引所で取引されています。株が証券会社を通じて証券取引所で売買されているのと同様に、個人投資家が安心して取引に参加できる仕組みになっています。

 ただし商品先物取引にはリスクが伴います。そのため自分がどの程度のリスクを取るのかを前もって決め、その範囲内で損失が収まるように適切なポジション量で取引することが大切です。

 このリスク管理さえ確り行えば、先物取引は金投資の手段の一つとして強力な武器になる可能性を秘めています。特に金現物の保有が目的ではなく、金の値動きで短期的に収益を狙っているような方には、金の先物取引は有力な運用手段となるのではないでしょうか。

商品先物取引の口座開設お申し込みはこちら口座開設はこちらから

ページトップ

金地金
金地金3つのメリット本日の金価格 金地金 購入・売却の手順
商品先物取引
初めての商品先物取引商品先物取引の始め方商品先物取引の税金
マーケット情報
海外商品相場国内商品相場ニュース・市況チャートアナリストの目
無料情報ツール
チャート分析ソフトDi-2モバイルサービスEメールサービス金価格メールテレホンサービスFAXサービス
商品セミナー
経済・商品セミナー講師陣プロフィール
SPサイト